6 週間 新IT構造導入までの期間

0 件 エンドユーザーの中断数

50% 実稼働環境のCPUコア削減率

アジア大洋州住友商事会社(SCAO)では、発注書、発注確認書、出荷通知書などの重要なビジネス文書を取引先とやり取りしています。Microsoft BizTalkを自社の統合プラットフォームに使用したことより多くの課題に直面したSCAOは、BizTalkをMuleSoftのAnypoint Platform™に置き換えてビジネスプロセスを合理化し、顧客満足度の向上を実現することにしました。

課題

システム停止とデータ損失の頻発

SCAOのビジネスプロセスはMicrosoft BizTalkの統合プラットフォームのサポートを受けていましたが、頻繁にシステム停止が発生し、最終的には通常業務に悪影響が出ていました。システムではデータの損失が頻繁に発生しており、そのため時間のかかる手作業での対応を余儀なくされ、またサーバーを3日おきにハードリブートする必要もあり、それ自体が通常のビジネスプロセスになっていました。その結果、SCAOのサポート費用は不当に高くなり、顧客に関係する基本業務にも中断が発生していました。

この問題は、SCAOの中核ビジネスプロセス、発注書、発注確認書、出荷通知書に影響していたため、全体的な顧客満足度を改善するには、現行のシステムを直ちに置き換える必要がありました。そしてSCAOの経営陣が求めたのは、新しいシステムが迅速にデプロイされることと、エンドユーザーがそれをシームレスに利用できることでした。

ソリューション

コストの削減と顧客満足度の向上

SCAOでは技術評価プロセスを実施し、現行のMicrosoft BizTalkを含めたその他3つの競合ソリューションを抑えて、MuleSoftのAnypoint Platformを選択しました。この選択の主な基準は、開発のスピード、デプロイメントの容易性、管理のしやすさ、コストパフォーマンスでした。

SCAOでは、カスタムメイドの各購入システムを相互に接続することと、一元化されたOracle Databaseに接続することを目標に、カスタムコードを最小限に抑えつつ、さまざまなデータやアプリケーションを統合する能力について、ベンダーを評価しました。MuleSoftのAnypoint StudioとAnypoint DataMapperは、BizTalkに代わるソリューションを6週間で迅速に開発し提供するというSCAOの要求に適う、強力なグラフィックツールを提供することができました。MuleSoftの120を超えるAnypoint Connectorsには、JDBCやWebsphere MQが含まれ、SCAOの現在および将来のIT環境で、主要なエンドポイントにすぐに拡張できる機能を提供できました。このように、完全かつ将来を見据えたソリューションで問題を排除できることが、Anypoint Platformならではの特徴でした。

さらに、MuleSoft以外のベンダー候補では、データベースまたはアプリケーションサーバーのライセンスの追加購入が必要で、アップグレードのコストがさらにかかりました。一方MuleSoftのAnypoint Platformは、軽量で、容易に展開できる、スタンドアロンのソフトウェアソリューションとして使用できました。また透明性のあるサブスクリプションモデルにより、SCAOでは追加のライセンス料金を支払うことなくアップグレードでき、資本支出(CAPEX)ではなく事業費(OPEX)として処理できるので、ビジネスの俊敏性を高められるという利点もあります。

結果

わずか6週間で、エンドユーザーの中断を発生させることなく、最新かつ信頼性の高いITインフラストラクチャを実現

WhiteSky Labsはたった6週間で、SCAOのAnypoint Platformの設計、開発、デプロイメントを主導しました。現在はMuleSoftにより、 SCAOとその取引先やEDIシステムの間で文書のやり取りが可能となっています。

Anypoint Platformのデプロイメント以来、SCAOでは実稼働環境のCPUコア数が50%削減され、データ損失がなくなり、サポート時間が減少しました。MuleSoftのAnypoint Platformの優れた再接続機能と監視機能を活用することで、今ではSCAOのビジネスプロセスは信頼性が高く、予測可能なものとなっています。SCAOではAnypoint Platformの利用を継続して、この成功をさらに積み上げていく予定です。