2.5倍 迅速なプロジェクトデリバリー

6 ヵ月(プラットフォームの立ち上げまでの期間)

42% 効率が向上

課題

eコマースを優先する

運動靴とアパレル製品の世界的企業であるアシックスは、最高品質のランニングシューズを提供することを使命としています。アシックスはランナーのパフォーマンス向上を専門としていますが、同社はデジタルパフォーマンスに関連する課題に直面しました。アシックスは新しいeコマースプラットフォームを選択しましたが、世界中に展開している7つのブランド間で、注文管理や製品管理などの異種システムを接続することができませんでした。アシックスはシームレスで一貫したカスタマーエクスペリエンスを提供することに苦戦し、eコマースではわずかな収益しかあげられませんでした。同社は、デジタルチャネル経由で顧客を直接取り込み、大手のオンライン小売企業と競争するための新しいアプローチを必要としていました。

目標

ユニバーサルなeコマースプラットフォームの構築

eコマースを推進するための新しいデジタル戦略の一環として、アシックスはすべてのブランド、地域、チャネルにわたって複数のシステムを統合する必要がありました。そのためには、次のことが必要でした。

  • アシックスのグローバルなブランドポートフォリオを管理するためのユニバーサルeコマースプラットフォームの構築
  • さまざまな注文管理システム(OMS)、製品管理システム、支払いプロバイダ、emailサービスプロバイダー、およびすべてのバックエンドデータにアクセスするためのレガシーシステムと統合するためのAPIの開発
  • 新しいeコマースプラットフォームへの移行

ソリューション

顧客体験への注力

ASICS DigitalのエンジニアリングディレクターであるPhil Connaughton氏は、次のように説明しています。「新しいeコマースサイトを構築するには、各ブランドのすべてのバックエンドシステムをeコマースのストアフロントに接続する必要がありました。ここでは、MuleSoftは私たちにとって非常に重要な役割を果たしました。これらすべてのバックエンドシステム間でポイントツーポイント接続を確立するのではなく、MuleSoftを中央に配置して通信を処理することにしました。」

MuleSoftのAnypoint Platformを利用してアシックスはAPIsを構築し、顧客情報、注文状況、リアルタイム在庫、価格設定など、以前は様々なサイロに保持されていたすべてのデータに新しいeコマースプラットフォームがアクセスできるようにしました。プロジェクトの最初の段階で、アシックスはMuleSoftを介して10以上の重要な製品管理システムをeコマースプラットフォームに接続しました。

「開発で最も難しい課題の1つは接続することです」と、Connaughton氏は述べています。「これらの作業には何時間もかかることがあります。しかしAnypoint Platformを使用すればこうしたさまざまなシステムをすべて接続でき、開発者の仕事を楽にしてくれます。」

Connaughton氏はさらに、次のように述べています。「私たちのeコマースのストアフロントは、さまざまなバックエンドシステムに依存しないものである必要があります。MuleSoftは、ポイントツーポイント接続や複数の潜在的な障害点を排除することで、Eコマース戦略の推進を支援してくれます。今では、さまざまなバックエンドの製品システムをすべてeコマースプラットフォームと統合しているため、テストする必要がなくなりました。MuleSoftを使用することで、eコマースのストアフロントでの処理を大幅に迅速化でき、優れた顧客体験の構築に注力できるようになりました。」

「MuleSoftのおかげで、私たちはすべての時間を優れた体験の実現に注ぎ込むことが可能となり、顧客との関係を築いています。」

Phil Connaughton

Phil Connaughton
(ASICS Digitalエンジニアリング担当ディレクター)

さらに、Anypoint Platformを通じて開発されたすべてのAPI対応接続は、コンポーネントとして再利用可能です。たとえば、最初のプロジェクトで開発されたASICS Email APIは、eコマースプラットフォームを世界規模で展開する際に何度でも再利用できます。

「MuleSoftは、コードを再利用できるという点で優れています」と、Connaughton氏は言います。「コンポーネントを複数のアプリケーションで再利用できるため、開発期間を短縮できるのです。」

さらに、MuleSoftを活用することで、さまざまなソースからのデータがユニバーサルなeコマースプラットフォームにインポートされるため、アシックスは複雑で時間のかかるデータ変換を簡素化することができます。

customer-story-asics

結果

開発を2.5倍加速

アシックスはAPIsを再利用してAnypoint Platformでデータを変換することができたため、2.5ヵ月かかると予測されていたeコマースプラットフォームの最初のフェーズはわずか4週間で完了しました。 

Connaughton氏は次のように説明しています。「この4週間の間に、作成中の他の多くのアプリケーションと共有できるコードを開発できました。最初のプロジェクトだけでなく、今後の他の多くのプロジェクトでも多くの時間を節約できます。Anypoint Platformを使用しているため、Javaを使用してeコマースプラットフォームを構築した場合よりも2.5倍速く構築が進んでいます。」

さらにConnaughton氏は、次のように述べています。「MuleSoftはDataWeaveのような優れたテクノロジーを採用しているので、新しいeコマースプラットフォームをより早く市場に投入するのに役立ちました。MuleSoftの大きな利点は、データ変換をすばやく完了できることです。データ変換を純粋なJavaコードで記述する必要はなく(これは可能ですが面倒かつ困難です)、DataWeaveを使用できます。私たちは約1週間でアプリケーションの最初のイテレーションを構築しました。もしJavaで同じことをやろうとしていたら2〜3週間はかかったと思いますし、より多くのバグが発生したと思います。」