2010年、Pacific Compensation Insurance Company(PacificComp)は同社のビジネスモデルを直接販売から保険ブローカーの活用へと根本的に転換することを決定しました。これには、主要システムの全面的な見直しが必要であり、また統合に関する多くの課題に取り組む必要がありました。そこで同社は、ポリシー管理や請求管理をはじめとするシステムの統合と、新しいビジネスモデルによる事業の再立ち上げの調整に、Anypoint Platform™を選択しました。その結果、サービスへの影響を最小限に留めつつ、デリバリーまでの期間の短縮、異種環境に対するサポートの向上、インフラの現代化を実現しました。

課題

ますます競争が激化するカリフォルニア州の労働者補償保険市場において、そのニーズに応えるため、PacificCompはビジネスモデルを根本から変えることを決定しました。

どの企業でも事業成功の鍵は市場へのアクセスにありますが、Pacific Compensationでも、保険ブローカーと提携し、カリフォルニアの労働者により多くの、そしてより充実した選択肢を戦略的に提供する時期に来ていました。

直接販売からブローカーとの提携への移行には、主要システムの全面的な見直しが必要であり、また統合に関する多くの課題に取り組む必要がありました。そこで同社は、ポリシー管理や請求管理など、さまざまな業務をサポートするシステムの統合にAnypoint Platform™を選択しました。

ソリューション

同社の取り組みの最終的な目標は、費用を削減することと、保険会社とブローカーの両方にとっての利便性を拡大することでした。これは、同社のテクニカルチームがアーキテクチャを構築するうえでの必須課題となっていました。そこで同社はSaaSアプリケーションに可能な限り多く投資することにしました。SaaSなら、市場のニーズに応じてリソースの使用量を増減させられるからです。しかし、同社には既存のシステムも複数存在していたため、既存のシステムと新しいシステムとを、それらがクラウドにあるかオンプレミスかに関係なく、統合させる必要がありました。

PacificCompは新しいシステムへの投資に際し、現在のニーズを満足させるだけでなく、同社の事業の成長にも、テクノロジーの進化にも効果的に対応できるソフトウェアアーキテクチャとなるモデルを採用することを意図的に選択しました。同社が採用した主なシステムは、FirstBest(引き受け管理用)、DCo(ポリシー管理用)、Guidewire(保険金請求対応アプリケーション用)、STG Billing(保険料請求管理用)、SpringCM(書類およびワークフロー管理用)でした。DCoなど既存のシステムも一部ありますが、それ以外は、STG Billingなど、新しいビジネスモデルの一環として採用されたものです。そして、すべてのコンポーネントはアーキテクチャの一部として統合する必要がありました。PacificCompのCIOであるJoe Cardenasは「当社の環境には、現行のシステムとまったく新しいシステムの両方が存在しています。システムの観点でいえば、私たちは新しい会社といっても過言ではない存在を目指していたので、今回は最先端の取り組みを実行するチャンスにもなりました。そこで重要になったのが、そのための適切なアーキテクチャを見極めることでした」と述べています。

この統合モデルを実現するため、PacificCompはErich Leipold(evolsolutions LLC)に設計を依頼しました。Leipoldは次のように述べています。「私たちが最初にやるべきことは、統合プラットフォームの選定でした。ポイントツーポイントの統合はすでに一部実装されていましたが、それらはフレキシブルでスケーラブルな環境として管理できるレベルではありませんでした。そのため、私たちはエンタープライズサービスバスを活用してPacificCompのニーズに適う適切なアーキテクチャを構築することにしました。」

PacificCompでは、構造上の理由で数多くのSaaSアプリケーションを使用しました。「私たちは、ニーズを満たすベストなアーキテクチャには2つのMuleインスタンス、つまりパブリックとプライベートのインスタンスが必要であるとの結論に至りました。これにより社内外両方のMuleユーザーに、最適なセキュリティモデルを提供できました」とLeipoldは述べています。

PacificCompはAnypoint Platformを活用して、同社の2010年の再始動に必要な、重要なユースケースや時間的に余裕のないユースケースの実装を開始しました。なかでも同社が最初に着手したのは、同社のすべてのポリシーを管理する、AS/400用のポリシー管理アプリケーションであるDCoと、MajescoMastekの請求アプリケーションであるSTG billingとの統合でした。

ポリシー管理と請求業務を統合できたことで、PacificCompは事業再始動の最大の難関を超えることができました。しかし、Anypoint Platformによって適切に対応できるニーズはそれだけではありませんでした。たとえば、同社ではエンタープライズコンテンツ管理システムにSpringCMを用いることを決定していたため、Anypoint Platformをプラットフォームとして、このシステムと、保険会社の日々のオペレーションで発生する書類の処理に使用する数々の社内アプリケーションを統合しました。

保険事業では毎日数多くの書類を印刷し、さらに電話件数も相当数にのぼることから、PacificCompは小規模なアプリケーションも複数開発しました。たとえば、最初のアプリケーションが、請求ワークフローの一環としてSTG billingよりPacificCompへ送信されたファイルグループを印刷します。次のアプリケーションは、通話をデータベースへ記録します。さらに別のアプリケーションが、必要に応じて、SQLデータベース、AS/400データベース、およびファイル共有の間でデータを移動させていました。

主要システムを統合できたことで、PacificCompは2010年に保険ブローカー販売モデルを使用して、その事業を再始動させることができました。しかし同社の成功はそこで終わりではありません。これからも新しい統合が開発されるでしょうが、Anypoint Platformからは引き続き単一の統合フレームワークが同社全体に提供されるのです。

「Anypoint Platformによって重要な事業の転換が可能になったことで、Pacific Compensation Insurance Companyは直ちに価値を得ることができました。それだけでなく、将来のニーズをも満たせる信頼性の高さと、すべての開発者に優しい学習の容易さも証明されています。私たちはAnypoint Platformを選択したことに、たいへん満足しています」とLeipoldは述べています。