Anypoint Exchange™ はAPIと統合アセットの保管、発見、再利用のためのマーケットプレイスとして、コラボレーションを簡単にします。

すべてを一元的に集積

API、マイクロサービス、コードスニペット、コネクタ、テンプレート、インテグレーションを一か所で保管できます。

コラボレーション機能内蔵

オーナーが改善点を把握できるように、アセットの評価とフィードバックができます。

簡単に見つけられる

ドキュメント、コードスニペット、チュートリアルが豊富なポータルでAPIとアセットを検索できます。

Anypoint Exchangeでできること

Jumpstart projects image

シンプルなコラボレーションでプロジェクトを活性化 

 API、統合プロジェクト、テンプレート、サンプル、カスタムセキュリティポリシーをAnypoint Exchangeに保存し、他のユーザーが再利用できるようにします。Kubernetes にデプロイされたマイクロサービスがマーケットプレイスに自動的に公開され、開発のスピードアップとコラボレーションの向上につながります。

文書化とバージョニングをシンプルに

自動的にExchangeアセット間の依存関係をマッピングし、ドキュメントとポータルを生成します。 ドキュメントと依存関係のマッピングは、デザインパターン、データモデル、セキュリティスキーマ、データ型などのAPIフラグメントによってサポートされています。

まず検証、それから統合

APIを実装する前にAPI利用者と共有し、モックサービスで検証ができます。動的なヘッダーで遅延やエラーなど、特定のAPIの振舞いを試すことが可能です。 Exchangeに組み込まれているスニペットとAPI Notebookを使用すれば、既にある統合を中断せずに新しい機能をテストできます。

「Community Manager」のスクリーンショット

コンテンツへのアクセスをチーム構造にマップ可能

カスタムロールとチームを作成して、ビュー、コントリビュート、アドミニスターアセットにさまざまなレベルでアクセスできます。 また、チームのニーズに基づいた複数のSSOオプションが持てます。 

ポータルエクスペリエンスのブランド化

デスクリプションのカスタマイズ、イメージの変更、コネクタとAPIの共有はAnypoint Exchangeの自動生成ポータルで行えます。またAnypoint API Community Managerでは、ブランド化され、パーソナライズされたデジタルエクスペリエンスを作ることができます。

「Coke Business GroupsはすでにMuleSoftを使っており、Anypoint Exchangeにプリロードされた再利用可能なアセットがあり、新しいCoke Business Groupsは、かつてない速さでオンボーディングに使える、エクスペリエンス、経験した知識、事前構築のパターン、テンプレートを手に入れることができました。これらによってミスをなくし、開発スピードを上げ、コストを削減することができています。」

エンタープライズ・インテグレーション・アーキテクト
コカ・コーラ

関連資料

Anypoint Platform無料トライアル

無料トライアルをはじめる

質問はありませんか?専門家に聞く