ユニリーバのITチームは、年間1,000個のアプリケーション、10,000種類のインタフェース、および年間500件ものITプロジェクトを擁するインフラストラクチャの規模により、多くの課題に直面していました。ユニリーバには複数のグローバルチームがあり、新しい製品やサービスを展開するためのより効率的なソリューションを探していました。

そこでユニリーバは、複数のブランドのポートフォリオを共通の運用モデルに統合する、eコマース向けのBest-of-Breed(最善の組み合わせ)プラットフォームの構築に取り組みました。そして、eコマースプラットフォームの複数のツール間(NetSuite、Salesforce Commerce Cloudなど)の接続を可能にし、SAPなどの主要なオンプレミスシステムにアクセスするために、MuleSoftを採用しました。さらに、同社の「アダプティブインテグレーション」チームは、ボトルネックを解消して基幹業務のイノベーションをサポートするために、API主導のアプローチをとりました。

ユニリーバのチームはAPI主導の接続性とAnypoint Platformを使用して、再利用可能なサービスのネットワークを構築し、さまざまなブランドにわたってセルフサービスを可能にしました。同社が新たに買収したeコマース専業事業体は、MuleSoftの十分なサポートによって、6か月で立ち上げることができました。これにより、顧客はユニリーバの製品全体で統一された体験をすることができ、一方、ユニリーバは、シングルカスタマービューを得ることができます。現在、新しいイニシアチブの展開は3〜4倍速くなっており、数ヶ月かかっていたものが数日に短縮されています。