API主導の接続性

SOAが進化した次なるステップ

 

テクノロジーやソーシャル、また経済の変化が融合する昨今、ビジネスは競争や運用において新たな世代に変わりゆく渦中にあります。その中で、企業の成功を左右する主要因として認識されつつあるもの、それはスピードです

API主導の接続性は、組織が求めるスピードを実現するためにデータやシステムやデバイスをつなぎ、活用するためのインテグレーションのアプローチです。このアプローチにより、企業はかつてないほど迅速に既存のプロジェクトを完了できるだけでなく、将来のプロジェクトの生産性を向上させるインフラストラクチャを構築し、変化に強い企業体質を作ることができます。

本ホワイトペーパーでは、以下について解説します。

  • 接続性とサービスのオーケストレーションを根本とし、APIによってアンロックしたデータを簡単に再利用できるブロックのような形にするAPI主導の接続性、その導入方法
  • そのブロックを組織のアジリティ(俊敏性)と管理力向上に活かす方法
  • 人、プロセス、システムの全体において、技術的変化を段階的、また包括的に推進する方法