API主導の接続性

SOAの進化における次なるステップ

 

技術面、社会面、経済面の力の集約により、企業の競争環境や運用環境では世代交代が発生しています。そのなかでも、企業の成功を決定づける主要因として注目を浴びているのが、スピードです。

API主導の接続性とは、各資産の接続と公開のための総合的なアプローチであり、組織が必要とするスピードを実現します。このアプローチにより、企業はこれまでよりも迅速に現行のプロジェクトを完了できるだけでなく、将来のプロジェクトの生産性向上のためにインフラストラクチャを構築したり、変化に対応できる企業作りに取り組んだりすることもできます。

このホワイトペーパーでは、次の内容について説明します。

  • API主導の接続性アプローチ(発見と再利用が容易な構成要素として基盤となる接続性とオーケストレーションサービスをパッケージ化し、API によって公開)の採用方法。
  • これらの構成要素を特定のシステム、プロセスおよびエクスペリエンス層にわたって構築し、組織の俊敏性と管理性の両方の向上を実現する方法。
  • 人、プロセス、システムの全体において、技術的変化を段階的かつ包括的に推進する方法。