Anypoint Platformが攻撃に対抗できる多階層の防御を構築のスクリーンキャプチャ

攻撃に対抗できる多階層の防御を構築

ネットワークエッジ、すべてのAPI、すべてのデータを守ります。

  • APIゲートウェイで、攻撃パターンを監視し、ネットワーク末端の脆弱性を低減します
  • 強制ポリシーを組み込んでセキュリティを強化します
  • 機密情報は、データフォーマットを維持しながらトークン化して隠匿し、コンプライアンス対応の範囲を狭めることができます

デフォルトで保証されているコンプライアンスで信頼を構築

業界標準やセキュリティ認定に適応できます

  • ISO 27001, SOC 1, SOC 2, PCI DSS, HIPAAに準拠します
  • GDPRコンプライアンスのプライベートデータを尊重します
  • 実装済みのID管理、暗号化モジュール、侵入テストポリシー、監査ログによって、セキュリティのベストプラクティスを遵守します
Anypoint Platformがデフォルトで保証されているコンプライアンスで信頼を構築のスクリーンキャプチャ
Anypoint Platformはすべてのデプロイメントにわたり測定基準を分析のスクリーンキャプチャ

APIのセキュリティベストプラクティスを実装

セキュリティを妥協せずに目標を達成できます

  • APIでイノベーションと俊敏性を促進できます
  • 重要な情報が誤って開示されないようにします
  • Anypoint Platformでできることは他にもあります

Anypoint Platformでできることは他にもあります

開発

APIの設計とインテグレーションの構築

詳しく見る

デプロイ

あらゆるクラウドで実行

詳しく見る

管理

一元的な監視と管理

詳しく見る

再利用

APIとコネクターの共有と利用

詳しく見る

Featured customer

JetBlueはAnypoint Platformのトークン化機能でイノベーションを飛躍的に推進

「MuleSoftのAnypoint Platformにデフォルトで実装されたトークン化機能により、JetBlueの eコマースプラットフォームでのクレジットカードのトランザクションを保護を保護できるため、セキュリティを損なうことなくイノベーションと俊敏性を推進できています。」

Vitaly Faida, JetBlue Manager of IT Product Release Engineering

フライト中のjetBlue機内の客室乗務員

関連資料

Anypoint Platform 101

MuleSoftのソリューションアーキテクトがAnypoint Platformの概要を解説します。

APIを設計・管理する方法

社内限定で使っていたAPIを十分にテストし、社外でも利用してもらえるよう整備することで、APIエコノミーへの道が拓けます。

マイクロサービスのベストプラクティス

マイクロサービスアーキテクチャによる継続的イノベーションと、それを支えるプラットフォーム