Mule ESBとは

Anypoint PlatformのランタイムエンジンであるMuleは、Javaベースの軽量なエンタープライズサービスバス(ESB)であり、統合プラットフォームでもあります。これにより、開発者はアプリケーションをすばやく簡単に接続し、データを交換することができます。JMS、Webサービス、JDBC、HTTPなど、アプリケーションで使用されているテクノロジーに関係なく、既存のシステムの簡単な統合が可能になります。ESBは場所を選ばずにデプロイでき、イベントのリアルタイムまたはバッチでの統合およびオーケストレーションが可能で、ユニバーサルな接続性を備えています。

ESBの主なメリットは、ESBが社内またはインターネット上のアプリケーション間でデータを伝送するための転送システムとして機能することにより、異なるアプリケーションが相互に通信できるようになることです。Muleは、以下のような強力な機能を備えています。

  • サービスの作成とホスティング — ESBを軽量なサービスコンテナとして使用し、再利用可能なサービスを公開およびホストします
  • サービスのメディエーション — メッセージ形式やプロトコルからサービスを保護し、ビジネスロジックをメッセージングから分離して、場所に依存しないサービスの呼び出しを可能にします
  • メッセージのルーティング — コンテンツとルールに基づき、メッセージのルーティング、フィルタリング、集約、並べ替えを行います
  • データの変換 — さまざまな形式や転送プロトコルでのデータの交換が可能です

mule esbとは

ESBの必要性

MuleなどのESBは、統合ポイントが複数ある場合、または統合するアプリケーションが少なくとも3つある場合のシナリオでその真価を発揮します。また、疎結合、拡張性、および堅牢性が求められるシナリオにも適しています。

以下は、ESBの選択のための簡単なチェックリストです。

  • 1.3つ以上のアプリケーションやサービスを統合しようとしているか?
  • 2.将来さらに多くのアプリケーションを接続する必要があるか?
  • 3.2つ以上のタイプの通信プロトコルを使用する必要があるか?
  • 4.メッセージフローの分岐や集約、コンテンツベースのルーティングなど、メッセージのルーティング機能が必要か?
  • 5.他のアプリケーションでの利用のためにサービスを公開する必要があるか?

Muleを選ぶ理由

Muleは軽量でありながら高い拡張性を備えているため、小規模で始めて、後からより多くのアプリケーションを接続することができます。ESBは、同じ仮想マシンに存在しているか、インターネットを介しているかにかかわらず、さらに使用されている基礎となる転送プロトコルに関係なく、アプリケーションとコンポーネントの間のすべてのやり取りを透過的に管理します。

現在、市場にはいくつかの商用のESB実装があります。ただし、これらの多くは機能が限定されていたり、既存のアプリケーションサーバーやメッセージサーバー上に構築されたりしているため、特定のベンダーに縛られます。Muleはベンダーを選ばないため、さまざまなベンダーの実装を接続することができます。Muleを使用すれば、特定のベンダーに縛られることはないのです。

Muleは競合製品と比べて、数多くのメリットをもたらします。以下はその一例です。

  • Muleコンポーネントはあらゆるタイプに対応します。Plain Old Java Object(POJO)から他のフレームワーク由来のコンポーネントまで、どんなタイプでも簡単に統合できます。
  • MuleとESBモデルにより、コンポーネントの大幅な再利用が可能になります。他のフレームワークとは異なり、Muleでは変更を加えることなく既存のコンポーネントを使用することができます。コンポーネントはMuleで実行するためのMule固有のコードを必要としません。また、必要なプログラマティックAPIもありません。ビジネスロジックはメッセージングロジックから完全に分離されたままになります。
  • メッセージは、SOAPからバイナリイメージファイルまで、あらゆる形式に対応します。Muleは、XMLメッセージングやWSDLサービスコントラクトなど、設計者にいかなる設計上の制約も課しません。
  • Muleは、ESBだけでなくさまざまなトポロジーでデプロイすることができます。軽量かつ埋め込み可能なため、Muleでは市場投入までの時間を大幅に短縮できます。さらに、プロジェクトの生産性を向上させ、変更に適応し、必要に応じて拡張または縮小可能な、セキュアでスケーラブルなアプリケーションを提供することができます。
  • Muleは、その段階的イベント駆動型アーキテクチャ(SEDA)により、高い拡張性を実現します。ある大手金融サービス会社では、Muleを使用して、高度な分散環境下にある数千のMuleサーバー全体で、毎日何十億もの取引を処理しています。

Mule Enterprise

Muleには、CommunityとEnterpriseの2つのエディションがあります。EnterpriseはESBのエンタープライズクラスのバージョンで、パフォーマンス、HA、回復力、またはテクニカルサポートの要件のあるMuleのプロダクションデプロイメントに最適な特長や機能が追加されています。Mule CommunityとMule Enterpriseは共通のコードベース上で構築されているため、CommunityからEnterpriseへ簡単にアップグレードできます。 

始める準備はできましたか?

利用を開始するには、今すぐMuleをダウンロードしてください。