企業、SaaS、ハイブリッド、SOAの統合に加え、APIプログラムやAPI戦略に取り組む開発者、設計者、およびITエグゼクティブ向けの有益な記事です。

APIのセキュリティを最大化する方法

セキュリティはどのアプリケーションでも重要ですが、何百から何千ものアプリケーションが日常的に呼び出しを行うAPIでは特に重要です。毎日、新たな脅威と脆弱性が生み出され、毎日、企業は時間と戦いながらパッチを適用しています。 

API(Application Programming Interface)とは

APIは、Application Programming Interfaceの頭字語であり、2つのアプリケーションがデータをやりとりする際の媒介となるものです。›Facebookのようなアプリを使用したり、インスタントメッセージを送信したり、スマートフォンで天気をチェックしたりするたびに、APIが使用されています。

REST APIとは

Representational State Transferの略であるREST、またはRESTful APIは、既存のプロトコルを利用するように設計されています。RESTはほぼすべてのプロトコル上で使用できますが、Web APIで使用される場合には、通常はHTTPを利用します。つまり、開発者はREST APIの設計を利用するために、ライブラリや追加のソフトウェアをインストールする必要はないということです。 

企業のためのAPI戦略

日々の活動にWebアプリやモバイルアプリを取り入れる消費者や企業は増加しており、企業はかつて孤立していたデータソースの価値ある新しい使用方法を発見しつつあります。API(Application Programming Interface)は、革新的な開発者による新しいビジネス機会の創出を促し、既存の製品やシステム、運用を改善することにより、企業がそのデータを使用できるようにするためのツールです。

Mule ESBとは

Anypoint PlatformのランタイムエンジンであるMuleは、Javaベースの軽量なエンタープライズサービスバス(ESB)であり、統合プラットフォームです。これにより、開発者はアプリケーションをすばやく簡単に接続し、データを交換することができます。JMS、Webサービス、JDBC、HTTPなど、アプリケーションで使用されているテクノロジーに関係なく、既存のシステムの簡単な統合が可能になります。 

継続的インテグレーションと継続的デリバリー(CI/CD)

継続的インテグレーション/継続的デプロイメント(CI/CD)パイプラインは、DevOpsチームにとってのベストプラクティスです。これにより、開発者はコードの変更をエラーを出すことなく頻繁かつ確実に行うことができます。CI/CDパイプラインの構築は、最新のソフトウェア開発のフルAPIライフサイクル、つまり設計から管理、デプロイメントにいたる全体をとおして重要なものです。

Integration Platform as a Service(iPaaS)とは

クラウド統合が、今日の企業が直面している主な課題の1つであることはよく知られています。安全で信頼性の高いクラウド統合ソリューションへのニーズの高まりに対応するため、複数のベンダーが、Integration Platform as a Service(iPaaS)と呼ばれる統合サービスの提供を始めています。このカテゴリの詳細については、Gartnerのエンタープライズ統合に関するレポートをご覧ください。 

API開発のベストプラクティス

多くの企業にとってのAPIの重要性と価値を考えると、APIの設計と構築の際にAPI開発のベストプラクティスを考慮することが重要です。企業にとって非常に価値が高く有用なAPIは、コードというよりは製品のようなものです。