企業、SaaS、ハイブリッド、SOAの統合に加え、APIプログラムやAPI戦略に取り組む開発者、設計者、およびITエグゼクティブ向けの有益な記事です。

APIエコノミーとは何か?

「APIエコノミーは、ビジネスや組織をプラットフォームに変革するイネーブラーだ」と言われています。APIエコノミーの概要の説明と、APIがどのように組織の成長とイノベーション、収益性に影響を与えるかを紹介します。

EDIの基本を学ぶ

EDIの基本を紹介します。EDIをキチンと運用できれば、取引先とのやり取りを迅速化でき、運用コストを削減してくれます。しかし運用が不十分であると、余計な時間やコストを費やしてしまうことでしょう。MuleSoftが考える新しいアプローチも合わせて紹介しています。

インテグレーションのためのデザインパターン

API開発のベストプラクティスを採用することで、設計から構築、テスト、デプロイメントに至るまで、APIライフサイクルの全過程の管理が可能になります。API開発に失敗しないための、原理原則についても記しています。

APIドキュメンテーションの重要性

APIは利用されてこそ価値があります。APIを計画するとき、APIドキュメントのメンテナンス方法を知っておくことで、運用フェーズで迷宮に入り込むことは避けられます。インテグレーション戦略の成否を左右するほど重要なAPIドキュメンテーションについて紹介します。

Salesforce連携のベストな解決策を紹介します

Saleforceと他のアプリを連携するために、MuleSoftの『CloudHub』はaPaaSとして最適なソリューションです。ITアーキテクチャに拡張性や発展性を望む企業であるならば、『CloudHub』を体験してください。

iPaaS - クラウドを統合するためのアプローチ

企業にとって、クラウドとオンプレミス、クラウドとクラウドの統合は、新しい製品やサービスの開発のために不可欠となりました。ただし、利用しているサービスが異なると、それらを統合させることが難しくなることも事実です。そんな状況を解決するために生まれたのが「iPaaS」です。

マイクロサービスとAPIを組み合わせて得られる利点

マイクロサービスだけを導入するより、API主導の接続性を導入するより、マイクロサービスとAPIを組み合わせることで得られるベネフィットの方が圧倒的です。実は運用もスムーズにできるオトクなアーキテクチャを確認してください。

EAIからESBへの進化とその先の展望

アプリケーションを統合するツールは進化を続け、一時期注目されていたEAIもESBに代替されるようになってから、10年以上の時間が経過しました。EAIが作られた背景とそのメリットとデメリットを整理し、多くの企業にESBが取り入れられた理由を紹介します。

APIセキュリティを高めるためのアプローチ

業務がデジタル化され、ネットワークが複雑になるにつれ、APIセキュリティは企業にとって最優先事項となりました。年間6億ドルにも達すると言われるデータ漏えい対策の概要を紹介します。

APIとは何か?

APIの概要を例え話も入れて説明しています。さらに、APIの新しい潮流である『モダンAPI』の特徴の一部も紹介してます。なぜ多くの企業がモダンAPIを採用し始めているかを、ご理解いただけます。

iPaaSをやさしく解説

現在、大多数の企業が複数のクラウドサービスを利用しており、それらを統合させる『クラウドインテグレーション』が大きな課題となっています。iPaaSの概要説明とサプライヤー選定のためのカギを紹介します。

RAMLのメリットを最大限引き出す

RAMLは、設計からデプロイ、共有に至るまで「APIライフサイクル管理」を容易にしてくれます。優れたAPI仕様の条件とは?なぜRAMLがAPI仕様として優れているのか?RAML仕様のAPIを設計するためのツールとは?

REST APIを基本から理解する

RESTが最初に提唱されてから20年以上経過しました。その可用性から、REST APIを含め、APIを利用していない企業ほぼ存在しないと言っていいでしょう。いま一度、RESTのコンセプト(6つの制約)に立ち戻り、REST APIの有効性を確認します。

SAPとSalesforceを連携するために

SAPとSalesforceが連携されリアルタイム同期されることで、業務効率が圧倒的に改善されます。しかし、ポイント・ツー・ポイント接続を安易に選んでしまうと、将来の発展性が損なわれてしまいます。その最適解となるアプローチを、連携のユースケースとメリット、課題を紹介します。

APIがビジネスにもたらす利点とは?

APIを導入することで自社ビジネスどういった影響があるのか?メリットは何なのか?デメリットはないのか?ITアーキテクチャにAPIを積極活用することは、今からでも遅くありません。その遅れを取り戻せるほどのスピードを獲得できるからです。

API管理の重要性

インテグレーションの必要性の高まりにともない、企業が使用するAPIの数が急増しています。APIの設計、APIゲートウエイやAPIストアの設計・管理、そしてAPIの利用状況や負荷の分析をサポートするAPI管理ツールが注目されています。

Mule ESBとは?

複数のプロトコルで通信しており、3つ以上のアプリケーションを利用しているのであれば、ESBの導入を選択肢として検討すべきでしょう。Anypoint Platformの『Muleランタイムエンジン』は軽量でありながら高い拡張性を提供するため、トライアル的に開始したい組織にお薦めです。そのメリットをご確認ください。 

データ統合を容易化するコンポーネント

データインテグレーションは、ビジネスの根幹となりました。それはデジタルビジネスに限定されません。組織内で利用するAPIの数が急増することで、データ統合ツールの重要性が増しています。Anypoint Platformのコンポーネントを通じて、データ統合ツールとしての優位性を紹介します。

CI/CDの基本を理解する

アジャイル型組織への変換を成功した企業がCI/CDを導入し始め、その競争力をさらに高めています。いまひとつ分かりづらいCI/CDの概要に加え、実装のための手順やツールを紹介します。なぜ、CI/CDで開発~デリバリを短縮化できるのか。どういったツールを利用すべきか。ご一読ください。

アプリケーションネットワークとは何か?

アプリケーションネットワークとは「組み立てブロックの集合体」と言い表せます。サービスや製品の変更や改修も、ブロックを追加・修正するだけなので実装が容易になります。もちろん、問題のあるブロックを削除・改修するだけでよいので、エラー対応も迅速化されます。密結合を避けることでアーキテクチャ全体の柔軟性アップも実現されます。

マイクロサービスをやさしく解説する

マイクロサービスの基本は、機能毎に小さく独立したサービスを定義し、それらを組み合わせることでアプリケーションを作成することです。マイクロサービスが注目されている理由は組織へのメリットの大きさです。マイクロサービスの採用により、組織は「きめ細かさ」と「利用性」が得られ、高い俊敏性の獲得とコスト削減を同時に実現できます。

ITアーキテクチャに最適なAPIのタイプ

プロジェクトに最適なAPIのタイプを選ぶには、ユースケース、ユーザ、接続させるシステムやデータベースなどの多数の要素を考慮することは必須です。自社のITアーキテクチャに最適なAPIタイプを選ぶことは、APIパフォーマンスとAPI管理の効率化のために重要です。

API開発のベストプラクティス

インテグレーションの実装により新しいビジネスの創出に挑戦している多くの企業にとって、APIがますます重要になっています。APIを徹底活用してビジネスを成功させるために、API開発時に考慮すべき重要なベストプラクティスを紹介します。

RESTful APIとは

APIの最も一般的なタイプの1つである「RESTful API」を紹介します。その柔軟性の高さから、多くの組織で導入しています。しかし、RESTful APIは守るべき6つの制約が存在しています。

情報保護のためにもAPIゲートウェイのセキュリティを

APIゲートウェイは、外部データと接続するために、無くてはならないコンポーネントです。そのため、APIゲートウェイのセキュリティは、情報保護のためにも最重要なリスクマネジメントのひとつです。最高レベルのセキュリティを紹介します。

知っておきたいデータ統合の代表的な5パターン

開発現場で問題となっている多くは「インテグレーションが思った通りに動かない」ことでしょう。異なるシステムやプラットフォームを繋げるので当然のことと言えます。本記事では、インテグレーションの代表的な5パターンを紹介します。似ていても、実は異なっているパターンを理解すれば、開発時の問題を削減することが可能になります。

ESBの基本をおさらい

Enterprise Service Bus(ESB)の概要や使用方法を解説します。組織がESBに期待すべきベネフィットは何か?ESBプラットフォームを選択する際に考慮すべきポイントは?ESBを導入・乗り換えを検討している組織のご参考に。