SAPとSalesforceの統合

概要

SAPは、市場で最も広く使用されているエンタープライズリソースプランニングソリューションとして、多くの企業の最も重要なビジネスプロセスで中心的な役割を果たしています。これらのビジネスプロセスを完全に自動化および最適化するには、SAPと組織内の他のアプリケーションを統合する必要があります。

最も一般的なSAP統合のシナリオの1つは、SAPと顧客関係管理(CRM)アプリケーション間の統合です。SaaSアプリケーションのパイオニアであるSalesforce.comは、CRMアプリケーションの市場を牽引しています。このことから、とりわけSAPとSalesforce間の統合は、組織の代表的な課題となっています。

この記事では、用途やメリット、課題、新たなアプローチなど、SAPとSalesforceの統合について説明します。

SAPとSalesforceの統合の用途とメリット

SAPとSalesforceの統合は、2つのシステムのデータを同期するために使用されます。たとえば、新規顧客の情報がSalesforceに入力された場合に、SAPによって管理されている財務やパフォーマンス管理などのビジネス機能で、このデータをタイムリーに利用できるようにすることが重要です。SAPとSalesforceの統合のその他の用途には、以下のものがあります。

  • SAPとSalesforce間でマスター製品リストを同期する
  • Salesforceの成約済みの商談のデータをSAPに送信して、請求書を作成する

SAPとSalesforceが適切に統合されていると、ビジネスプロセスを合理化して完全に自動化することができます。また、以下の方法により、SAPとSalesforceの統合のさらなるメリットを得ることができます。

  • 二重のデータ入力が不要になり、時間と費用を節約
  • 手作業によるデータ入力のデータの冗長性とエラーを低減
  • 俊敏性を改善して、新しい情報に対して迅速に行動

SAPとSalesforceの統合の課題

統合は10年以上にわたって利用されてきましたが、SAPとSalesforceの統合の特定の課題は、ごく最近になって浮き彫りになりました。Salesforceが広く使用されるようになる前は、ERPとCRMの統合といえば、一般的に2つ以上のオンプレミスアプリケーションの統合を意味するものでした。しかし、SAPとSalesforceの統合には、SAPのオンプレミスソリューションとSalesforceのクラウドベースのデリバリーモデルの技術的な違いを考慮して、新たなアプローチが必要となりました。

さらに、従来のアプローチによる統合は、費用がかかり、複雑なものでした。たとえば、SAPとSalesforceの統合の課題に対するその場しのぎの解決法として、直接的なポイントツーポイント統合が使用されてきました。しかし、このようなアプローチは、2つのシステム間で密接な依存関係を作り出し、脆弱な環境だけでなく、新しい統合が追加されるに従って、時間の経過とともに複雑さが増していくアーキテクチャにつながるものでした。

SAPとSalesforceを統合するもう1つの方法は、SOAスタックです。SOAスタックは、アプリケーション間の疎結合を可能にし、変化に対応するためのより優れた柔軟性を提供する一方で、大手ベンダーによる完全なSOAスタックは、通常、法外な初期費用が必要なだけでなく、実装に数年かかってしまいます。

Mule as an ESB:SAPとSalesforceの最適な統合方法

ポイントツーポイントの一時しのぎや、費用のかかるSOAスタックに代わるアプローチが、ESB(Enterprise Service Bus)を使用したSAPの統合です。

Mule as an ESBは、SAP統合においてSAPの認定を受けている唯一のESBです。MuleのSAP Enterprise Connectorは、双方向通信を提供し、以下のような既存のSAPテクノロジーとの連携が可能です。

  • Intermediate Documents(IDoc)
  • Business Application Programming Interfaces(BAPI)
  • SAP Java Connector(JCo)

さらに、Mule as an ESBは、業界をリードするCloud Connectテクノロジーを提供します。これは、SAP認定のコネクターとともに使用することができ、Salesforceの数多くのAPIとの統合を劇的に簡素化します。Mule as an ESBを使用することで、SAPとSalesforce間の統合がかつてないほど容易になります。