ビジネスに不可欠なデータ統合

ITの世界は進化を続け、企業がデータを実行および管理する方法も変化しています。特定のタイプのデータを扱うことに最適化された個別のツールを使用して、データ統合を行うことはなくなりました。組織では、多数のアプリケーションやデータベースに散在するビジネスインテリジェンスへのアクセスや情報の取得のため、さまざまなベンダーの多数のツールを採用するようになっています。データ統合はビジネスプロセスにおいてきわめて重要な役割を果たすため、データ統合のニーズを満たす、堅実なソリューションを採用することが重要です。

データ統合ツールが裏目に出るケース

データを統合すると、企業のさまざまな場所(システム、データベース、アプリケーション、ファイル、Webサービスなど)に分散している情報の移動や変換、統合の問題を解決し、ソース間での情報のクレンジング、標準化、重複排除、操作、および同期が可能になります。企業では、専用のデータ統合ツールを採用することで、顧客データの統合(CDI)のニーズに対応してきました。特定のニーズに対応するため、さまざまな統合ソリューションを採用していく中で、使用するツールの数は増加し、企業の規模が大きいほど、導入されるツールの数は増えていきます。これにより、データ統合が断片化され、複雑になり、企業全体の一貫性が損なわれるため、企業にとって問題となります。

企業全体で共通のデータ統合ツールを使用しなければ、情報の維持と管理は難しくなります。ある部門が別の部門と異なる方法で顧客データを管理していると、両方の部門のデータを統合するのが難しくなるのです。さらに、データを統合して表示を一元化するのも困難になります。ETL(抽出/変換/格納)は、マスターデータ管理(MDM)を実行する方法として一般的ですが、複雑になりがちで、スケーラビリティの問題を引き起こす場合があります。

あまり多くのデータ統合ツールを組み合わせようとすると、費用がかかるだけでなく、効率が低下し、リスクの原因となります。ベンダーでは、他の数多くのコンポーネントを含む統合ツールをパッケージ化するため、費用が高くなり、ソリューションの規模が大きくなります。これもリスクの高い投資につながり、多くのハードウェアやソフトウェアで構成されるインフラストラクチャが必要になります。それに加え、特定のデータタイプには特定のツールが必要になるため、複数のベンダーが提供する統合を導入する必要性に迫られます。企業内に多数の統合ソリューションが存在することで、一貫性が損なわれて複雑化し、全体の効率の低下につながるのです。

MuleSoftでデータ統合を簡素化

MuleSoftは、データ統合を容易にする軽量なオープンソースプラットフォームを提供しています。MuleSoftの最高峰のソリューションにより、60か国以上の1,600を超える組織がアプリケーションネットワークを構築し、ビジネスの効率を向上させています。MuleSoftのAnypoint™ Platformを活用することにより、データベースとアプリケーション間の通信についての懸念を軽減し、中心となるビジネスプロセスに専念できるようになります。

多数のコンポーネントで構成されているAnypoint Platformは、組織全体のデータ統合の簡素化、接続の構築、相互運用性の向上に必要なソリューションを提供します。効率的なデータ統合ソリューションにより、データの同期、共有、移行、および管理が容易になります。Anypoint Platformは、アプリケーション、パフォーマンス、および運用管理における可視性と管理を提供することにより、企業全体の複雑さを排除します。さらに、メモリ内データグリッドにより、大規模な統合を実施する中で、変化し続けるビジネスニーズに合わせて容易に調整できます。

Anypoint Platform特有のコンポーネントであるDataWeaveは、使いやすいグラフィカルなデータマッピングインタフェースにより、強力なデータ統合を実現します。DataWeaveは、ETLプロセスを実施するためのシンプルかつ強力な統合機能を提供する一方で、高性能なデータマッピング操作も可能にします。それに加え、DataWeaveはMule ESBとCloudHub(MuleSoftのサービスとしてのクラウド統合プラットフォーム)のいずれにおいても機能します。これにより、XPathとスクリプティングによるデータのフィルタリング、抽出、変換が容易になるだけでなく、設計中の結果のライブプレビューが可能になります。さらに、特にSalesforce内外にデータを移動させたい場合は、データを無制限にインポート、エクスポート、削除できる無料のデータローディングアプリケーション、Dataloader.ioを利用できます。Webベースのデータ管理ソリューション、Dataloader.ioは、ダウンロードの必要がなく、既存のSalesforce.comの認証情報を使用して簡単にアクセスできます。

サービスとしての統合プラットフォームであるCloudHubは、組織での繰り返し可能な統合アプリケーションの作成を支援し、データ統合プロセスの自動化を容易にします。さらに、Anypoint Connectorsにより、迅速なAPI接続を構築して、数百の人気のアプリケーションやサービスの間のデータ共有を簡素化できます。世界で最も広く使用されているオープンソース統合プラットフォーム、Mule Enterprise Service Bus(ESB)は、オンプレミスアプリケーションとクラウドアプリケーション間のストレスフリーな統合を実現します。Anypoint Platformのもう1つのコンポーネントは、Anypoint Studioです。このグラフィカルな設計環境により、フローの設計、データのマッピング、人気の開発ツールの活用が、単一の統一されたプラットフォームから行えます。情報のセキュアで安全な共有を保証するため、Anypoint Enterprise Securityにより、システムの保護、データの完全性の維持、アクセスポイントの保護を行うことができます。

大規模な開発者コミュニティによりサポートされている、柔軟でスケーラブルかつ使いやすいプラットフォーム、MuleSoftは、企業内の統合の課題を克服したい場合に最適なソリューションです。Anypoint Platformとそのコンポーネントについての詳細情報は、こちらからお問い合わせください