アプリケーションネットワークとは

アプリケーションネットワークとは

変化の時代がアプリケーションネットワークの必要性をもたらす

現在、企業は前例のない変化の時代を迎えています。ビジネスの世界の変化、顧客ランドスケープの変化、そして競合のランドスケープの変化。つまり、企業のエコシステム全体が変化しているのです。多くの組織が、この変化への対処に苦慮しています。進むべき道はあっても、これはテクノロジーの問題だけに留まりません。テクノロジーによってITとビジネスが連携する、まったく新しい方法を見いだす必要があるのです。混乱の中で企業が成功するための方法は、アプリケーションネットワークを構築することです。 

CIOやIT部門の幹部は、さらなる迅速化が必要であると指摘しています。さらに、IT組織内のデリバリー能力が、テクノロジーソリューションに対する企業の需要を満たしていないことも指摘しています。ITへの投資は、過去2、3年はほぼ横ばいです。ITデリバリー能力は、実際はほとんどの組織で一定のままである一方、企業からの需要は高まり続けています。IT組織には、クラウドやSaaS、ビッグデータ分析、モバイルデバイスやIoTの管理も求められているのです。

最も大きな懸念は、当然ながら競合の存在です。ほとんどの企業は、テクノロジーソリューションの改善の必要性だけでなく、関係者とエンゲージするチャネルの改善、業務の改善、そしてイノベーションの必要性を認識しています。ITは、これらすべての中心となるものです。しかし課題は、ITがいまだに中央化されていることです。中央化されたIT組織では、企業の要求やニーズのすべてを満たすことはできません。むしろ、従来の中央化されたIT構造が、ITデリバリーのギャップを生み出しているのです。多くのCIOが、デリバリーの必要のあるプロジェクトがさらに予定されているにもかかわらず、デリバリーが追い付いていないことを認めています。アプリケーションネットワークにより、このITデリバリーのギャップを解決することができます。

アプリケーションネットワークの定義

IT能力のギャップを解決するには、アプリケーションやデータ、デバイスを接続するアプローチを変更することが重要です。多数のポイントツーポイント接続を作成してすべてを結び付けることは、問題の解決法として一見簡単そうに見えますが、これは長期的な解決法としては有効ではありません。これが時間の経過とともに繰り返し行われることで、組織内にアプリケーションやデータの密接な結合が作成されていきます。少しでも変更を加えると、複雑で時間のかかる結果につながるため、迅速化や変化の能力が完全に奪われてしまいます。

より効果的なアプローチは、アプリケーションネットワークを構築することです。アプリケーションネットワークは、シンプルなものです。これは、アプリケーション、データ、デバイスを、APIを通じて接続し、アセットやデータの一部またはすべてをネットワーク上で公開する方法です。このネットワークに企業の別の場所から他の利用者がアクセスし、これらのアセットを検索して使用できます。アプリケーションネットワークを構築するには、再利用可能なアセットを開発し、企業の関係者にこれらのアセットの再利用およびセルフサービスを促す必要があります。こうすることで、組織内でさまざまな方法でアセットが使用および再利用されるようになります。その後、これらのアセットの間で接続を確立することができます。企業の開発チームは、新しいアセットを開発し、組織全体に公開して再利用できるよう、他の人が作成した再利用可能なアセットをセルフサービスするための仕組みを構築する必要があります。

これは、アプリケーションネットワークでシンプルな抽象化を定義することで実現できます。APIは、2つのパーティ間の情報の交換に使用できる、企業内で最も有効な抽象化です。それは、まさにここで行われていることでもあります。つまり、他のアプリケーション間で情報が交換されているのです。たとえば、カスタマーサービス担当者が、分析レポートを作成しているBI部門と情報を交換したり、企業内の別のグループが、B2B取引に関わっているパートナーと情報を交換するなどです。APIは、提供者と利用者の双方の定義を提供するだけでなく、やり取りを徹底して管理する方法を提供するため、こうした交換に最適なモデルです。

利用、セルフサービス、および再利用のための準則が組織内で確立されると、異なるタイプのランドスケープが浮かび上がります。これがアプリケーションネットワークです。このランドスケープでは、組織全体に再利用可能なアセットをデプロイして新製品の開発や提供をより効率的に行えるだけでなく、イネーブルメントチームが、こうした開発グループの新しい製品やサービスの開発方法のベストプラクティスの理解を支援し、再利用可能なサービスのリポジトリの方向性を示します。アプリケーションネットワークに公開されているアセットはすべて検索、管理、ガバナンス、セキュリティの対象となります。すべてのサービスの管理やガバナンスを中央化されたIT組織で行う一方、必要とみなされたあらゆるプロジェクトで、事業部門の開発チームがこれらを使用することができます。新しいサービスや製品を開発する従業員は、組織全体にわたって、このアセットをそのまま使用するほか、ビルディングブロックを使用し、アセットを追加して新しいビルディングブロックを公開することができます。つまり、ある人がもたらしたメリットを、複数のチームで活用することができるようになるのです。

アプリケーションネットワークは、アーキテクチャではなく、アーキテクチャを構築する基礎となる一連のビルディングブロックです。そして、その管理された集合体である性質により、曲がることはあっても折れることがありません。新しい製品やサービスを、容易に接続したり、切り離したりできます。中央化されたIT組織で、すべてのアセットのガバナンスが可能になり、変更がビジネスに及ぼす影響をきわめて容易に把握することができるようになります。

アプリケーションネットワークは単なるテクノロジーに留まらない

アプリケーションネットワークは、アプリケーションを構築し、APIで接続するというだけに留まりません。これは、文化的なシフトを象徴するものなのです。多くの企業が、俊敏な組織を実現する方法を知りたいと考えています。俊敏性を獲得するための鍵となるのは、アプリケーションネットワーク上に存在するアセットの数ではなく、むしろ、それを活用している利用者の数なのです。

これは、ITの従来の運用からの大きなシフトを意味します。IT組織は、アセットの作成者であるだけでなく、これらのアセットを企業全体で利用できるようにするためのイネーブラーでもあるのです。組織の全員が、各自の能力やプロジェクトの一部を提供する関係者となるため、企業自体が変化する必要があります。組織の中で、特定の能力に関するコミュニティの構築や開発に注力することが重要です。こうした能力によって、セルフサービスや組織内の他のグループとのコラボレーションが可能になり、複数のITプロジェクトのデリバリーを実現できます。この方法で、アプリケーションネットワークによって、ITの能力の向上とデリバリーのギャップを埋めることができるのです。

アプリケーションネットワークが重要である理由の例

これは、多くの企業でよく見られる例で示すことができます。つまり、SalesforceとSAPデータベースの統合です。この場合、すぐに思いつく方法が、カスタム統合を構築して2つのアプリケーションを結び付けることです。

理論的には、このアプローチは問題ありません。すばやく実行でき、予算や要件も満たすことができます。ただし、このアプローチの問題は、プロジェクトの外での活用や再利用ができないという点です。アプリケーションが密接に結び付けられているため、SalesforceをSAPに接続することで得られるメリットがないのです。また、これを1度行った後で、他のチームでこれらのアプリケーションにアクセスする必要が出てきた場合には、再度統合を作成する必要があります。こうした統合が大量に作成されると、ガバナンスやシステム間の状況の可視化が非常に困難になります。

アプリケーションネットワークでの初期投資が、後に利益をもたらす

この新しい運用モデルでは、従業員や、彼らのツールやテクノロジーが異なる方法で機能する必要があります。プロジェクトをデリバリーする代わりに、IT組織は、実際にはプロジェクトを監督することになります。つまり、品質と再利用性を保証し、セキュリティについて考慮するということです。SalesforceとSAPの間の新たな接続を構築するのに必死になるのではなく、戦略的な製品や革新的なイニシアチブを提供することに注力できるようになります。さらに、すべてのプロジェクトにシステムの専門家が参加する必要がなくなります。顧客のためにSAP上にサービスを作成し、その後、データの再入力のために別のサービスを作成する必要がある場合も、その情報をより簡単に入手できるようになります。つまり、プロジェクトをより迅速に完了することができるのです。多数の組織で、アプリケーションネットワークの導入により、こうしたメリットが現れています。これが1、2度起こり始めると、準則が確立され、ビジネスを迅速化させることができます。最後に、アプリケーションネットワーク上では、すべてに分析、セキュリティ、ガバナンスが組み込まれています。

アプリケーションネットワークの構築の核心は、変化に直面する中で成功することにあります。変化とは、唯一不変なもの。極端な競争が繰り広げられるこの世界で生き残るのは、最も大規模で強力な企業とは限りません。それはむしろ、遅鈍な企業を打ち負かす、俊敏性を備えた企業なのです。アプリケーションネットワークは、デジタルの混乱の中で成功するために必要となる、俊敏性と柔軟性をもたらすものなのです。