最高峰のAPI設計および管理プラットフォームで、RAMLのメリットを最大限に活用

RESTful API Modeling Language(RAML)は、デザインからデプロイメント、共有に至るまで、APIライフサイクルの管理を容易にします。簡潔で再利用可能なため、1度必要な定義を記述するだけで、何度も繰り返し使用できます。API仕様の中でも独特な点は、APIの文書化のためだけでなく、APIのモデリングのために開発されていることです。これを行うため、RAMLには、RAML/API Designer、API Console、およびAPI Notebookといったツールが付属しています。これらを使用することで、APIとのやり取りが可能になります。これにより、APIをモデリングおよびテストして、堅牢で、使いやすく、長期にわたって使用可能なものにすることができます。RAMLは、機械と人のどちらにとっても読みやすくなっています。YAML形式で書かれているため、どんな種類の技術的バックグラウンドでも読みやすく、編集しやすくなっています。

RAMLベースのAPIの設計のための優れたツール                    

RAMLは、APIのコントラクトとして強力な言語であると言えます。RAMLを使用することで、チームは、API上での定義、構築、コラボレーションを、迅速かつきわめて容易に行うことができます。Anypoint Platformにより、RAMLベースのAPIの管理を容易に行えます。MuleSoftのAPI管理ツールは、API管理をシンプルにするために設計されているためです。API Managerを使用すると、簡単な手順に従うだけで、ユーザー、トラフィック、SLAの管理だけでなく、APIのセキュリティの強化も行うことができます。さらに、Muleなら、あらゆるバックエンドサービスやデータソースに、APIゲートウェイとして接続することができます。MuleSoftのAPI管理ツールにより、RAMLの提供するすべてのメリットを活用することができます。

また、MuleSoftでは、チームに活用され、何度も繰り返し使用されるAPIを、RAMLを使用して設計、構築、共有するためのもう1つのツールをご用意しています。API Workbenchは、RAMLコミュニティに無料サービスとして提供されている、フル機能の統合開発環境(IDE)です。RAMLの設計の原則に適合しているため、APIの書き込みや読み取りが極限までシンプルになり、再利用性と一貫性を向上させることができます。API Workbenchは、設計ファーストのアプローチを促進する、RESTful APIを構築するための堅牢な機能を提供します。

優れたAPIの秘訣:優れたAPI仕様

APIを設計する際には、長期的にAPIをどのように構築するかを考慮し、初期に欠陥や不整合などの不良な設計要素や、全体の設計不良がないようにすることが重要です。API仕様を選択することで、余分な設計や構築のための時間を、数か月分から数年分も節約することができます。RAMLは、スペック駆動の開発における最大限のサポートを提供するため、優れた仕様の構築ツールとして推奨されます。また、これにより、API設計のベストプラクティスの組み込み、コードの再利用、設計パターンの活用が可能になり、APIの一貫性を確保することができます。

他のAPI仕様との比較や、API設計のベストプラクティスなど、RAMLの情報についての詳細は、書籍『耐用性の高いREST:完璧なAPIを設計するためのガイド』をご覧ください。