APIセキュリティのベストプラクティス

APIセキュリティで組織を保護する

 

運用の継続性、スピード、俊敏性によって経済が強靭化するように、APIのセキュリティはデジタルビジネスにとってミッションクリティカルです。

ガートナーによると、2020年までにAPIの不正使用は、企業のWebアプリケーションへのデータ侵害において最も多い攻撃要素になるとしています。こうした俊敏性に関連する財務的なインセンティブがあっても、APIを公開することで価値ある情報が過度に外部にさらされることへの恐怖心から、取り組み意欲が緩むことがあるのです。

このホワイトペーパーでは、以下の内容をカバーしています。

  • APIを安全に保つための資質のトップ3
  • ITリーダーが可用性を損なわずに情報のアイデンティティ、完全性、機密性を保護する方法
  • MuleSoftのAnypoint PlatformでAPIのセキュリティとガバナンスを自動化する方法