プロジェクトからプラットフォームへ

ファイザーはどのようにしてイノベーションを加速させるアプリケーションネットワークを構築したか

 

ライフサイエンス業界の企業は、安全性の保証や法規制への順守が強まる中で、かつてないほどに高まる新薬の市場投入加速のプレッシャーに直面しています。世界最大手の製薬会社であるファイザーは、デジタル化が進むエコノミーにおける競争力に必要なスピードや拡張性を生み出すアプリケーションネットワークをによって、ビジネスの変革を推進しています。

このホワイトペーパーでは、以下について解説しています。

  • ファイザーは、いかにしてITプロジェクトのデリバリにかかる費用を69%も削減できたか
  • ファイザーは、いかにしてアプリケーションネットワークによって治療医師をオムニチャネルでエンゲージしたか
  • ファイザーは、Center of Enablement (C4E)によって、いかにして組織全体にわたるAPIの再利用を促しアジリティとスピードを高めていったか