MuleSoftによるSAP S/4 HANAへの移行

SAPインテグレーションのための新しいアプローチ

 

多くの企業ではSAP S/4 HANAへのマイグレーションが急務となり、その手法が検討されています。1990年代から2000年代初めにかけて、SAP ERPソリューションは非常にたくさんの企業に導入されました。しかしながら、SAPは2027年までにSAP ERP導入のすべてのインスタンスのメインストリームにおけるサポートを終了することを表明しており、 ユーザ企業は、システムをSAP S/4HANAに統合または移行するか、あるいは複雑なERP導入を再実装しなければならない状況に迫られています。

本ホワイトペーパーでは、次のことを解説しています。

  • 従来のマイグレーションのアプローチでは乗り切れない問題
  • API主導のアーキテクチャを採用することのメリット
  • 米国大手建設代理店の成功事例