ERPとCRMの連携で顧客体験を一新する方法

「SAPマイグレーション」は変革のチャンス

 

既存ERPからSAP S/4HANAへの移行は、多くの企業にとってその投資対効果の明示が大きな課題となっています。また「より優れた製品を、他社よりも安く提供することで、市場における競争力を確保する」という競争原理が限界を迎えつつあります。技術がコモディティ化する中、製品だけで他社との差別化を図ることは困難な時代になっており、いわゆる「モノ売り」から「コト売り」へのシフトが強く求められてるようになっているのです。

SAP S/4HANAへの移行を柔軟性の高いアーキテクチャへの刷新の機会と捉えれば、SAP S/4HANAの優位性をビジネスバリューの創出に最大限活用し、ビジネスの在り方を変え、将来の変化にも俊敏に対応し、他社との差別化を図るDXを推進していくことができます。

ERPとCRMの連携で、これまでにない価値を生み出すSalesforceとMuleSoftを用いたソリューションを事例を交えてご紹介しています。

ぜひダウンロードしてご一読ください。